(財)日本語教育振興協会認定校 法務省認定在留許可申請取次校
日本語を学ぶ外国人のための日本語学校・習志野外語学院
NARASHINO INSTITUTE OF FOREIGN LANGUAGES


Homeサイトマップ
概要案内学習内容募集要項学生生活課外活動リンク
お問い合わせ

募集要項募集要項(学費)

Home募集要項 >進学コースの募集要項

1.進学コース
日本語の上達と日本での進学を目指す皆さんが、安心して高いレベルの受験が受けられるように考えられています。

入学時期と学習期間、授業時間数
コース
入学時期と学習期間
対象
授業時間数
進学2年コース 4月入学/2年 大学院進学、
大学進学、
短期大学進学、
専門学校進学
の希望者
●必修/週20時間
●選択/進学科目
進学1年9ヶ月コース 7月入学/1年9ヶ月
進学1年6ヶ月コース 10月入学/1年6ヶ月


2.出願資格
1)日本語取得をめざし、本学修了後、日本の大学院・大学・短期大学・専門学校などの高等教育機関に進学を希望する者。
2)自国で12年以上の学校教育を受け、大学受験資格を有する者。
(但し、大学院進学希望者は、16年以上の学歴を有する者)
3)満24歳までの者。(大学院進学希望者は、満30歳までの者)
4)母国で日本語を学習して、日本語能力試験3級または4級を合格する能力を持っていること。

3.出願書類
申請者に関する書類
※日本語で記入すること。
準備書類
注意点
書類が
日本語以外
のときは
1)写真 最近3ヶ月以内に撮影したものを7枚
裏に国籍、氏名を記入
縦4センチ、横3センチの大きさ
 
2)入学願書 本学所定の用紙で1通(様式1)  
3)履歴書 本学所定の用紙で1通(様式2)  
4)最終出身校の卒業証明書 卒業証書の原本
(中国の場合)卒業認証
日本語訳を添付
5)最終学校の成績証明書 原本で1通
(中国の場合)高校の認証書
日本語訳を添付
6)健康診断書 本学所定の用紙で1通(様式3) 日本語訳を添付
7)日本語学習証明書 受講期間、学習時間が記載されているもの、日本語能力の証明書 日本語訳を添付
8)居住戸口簿のコピー 1通(コピー) 日本語訳を添付
9)パスポートのコピー 1通
所持している人は、記載事項あるページ全て
日本語訳を添付

該当者のみ提出の書類
準備書類
注意点
書類が
日本語以外
のときは
10)小学校入学年齢が規定と異なる方 理由説明書
※満6才未満で小学校に入学している場合は、小学校から最終学歴までのすべての学校の卒業証明および成績証明が必要です。
日本語訳を添付
11)大学在学中の方 在籍期間の証明書・中退証明書・休学証明書 日本語訳を添付
12)現在、在職中の方 勤務時間、職位、担当業務を記載の在職証明書 日本語訳を添付

経費支弁者が海外在住の場合に準備する書類
※複数居る場合は、それぞれの分が必要
準備書類
注意点
書類が
日本語以外
のときは
13)経費支弁書 本学所定の用紙(様式4)
※経費支弁者(身元保証人)が記入したもの
日本語訳を添付
14)志願者との関係立証書類 親族関係公証書を提出してください。 日本語訳を添付
15)居民戸口簿のコピー 学歴・職業が記載、記載事項あるページ全て 日本語訳を添付 
16)預金残高証明書 証明書に預金証明書コピーの添付
※外貨立て、中国元で、留学生活に必要な金額。
日本語訳を添付
17)預金通帳のコピー
 又は他の立証する書類
入出金の経過が明らかであること
※複数ある場合は、全てお願いします。
日本語訳を添付
18)在職証明書 職務・役職などが明記されているもの。
※後日、確認いたします。
日本語訳を添付
19)収入証明書 年間所得の過去3年分 日本語訳を添付
20)営業許可書(正・副)のコピー   日本語訳を添付
21)個人納税証明書   日本語訳を添付
22)その他立証に必要なもの   日本語訳を添付

経費支弁者が日本在住日本人の場合に準備する書類
※複数居る場合は、それぞれの分が必要
準備書類
注意点
書類が
日本語以外
のときは
13)経費支弁書 本学所定の用紙
※経費支弁者(身元保証人)が記入したもの
日本語訳を添付
14)住民票又は外国人登録原票記載事項証明書 支弁者本人を立証する書類 日本語訳を添付
15)志願者との関係立証書類 ※親族関係公証書を提出してください。 日本語訳を添付
16)預金残高証明書 銀行発行のもの(普通預金可) 日本語訳を添付
17)預金通帳のコピー
 又は他の立証する書類
入出金の経過を明らかにし、3年分程度あること
※複数ある場合は、全てお願いします
日本語訳を添付
18)在職証明書 職務・役職などが明記されているもの。
※後日、確認をいたします。
日本語訳を添付
19)源泉徴収票 過去3年分 日本語訳を添付
20)営業許可書のコピー ※個人経営者の場合は、必要です。 日本語訳を添付
21)納税証明書(役所発行) 過去3年分
※個人経営者の場合は、必要です。
日本語訳を添付
22)経費支弁者受諾説明書 申請者との関係を説明す説明する資料です。
※経費支弁者が日本人の場合、必要です。
※経費支弁者(身元保証人)が記入したもの
日本語訳を添付
23)学校宛身元証明書 本学所定の用紙
※経費支弁者(身元保証人)が記入したもの
日本語訳を添付
24)在日経費支弁者の委任状 本学所定の用紙
※経費支弁者(身元保証人)が記入したもの
日本語訳を添付
25)その他立証に必要なもの   日本語訳を添付

4.出願期間
4月入学生(前年の10月末日まで)
10月入学生(同年4月末日まで)

5.出願方法
(A)日本国外からの出願
本学院事務局へご連絡ください。
後ほど、現地での試験と面接の期日等をご連絡いたします。

(B)日本国内からの出願
代理人として認められるのは、原則的に在日保証人または在日経費支弁者となります。
その他の方が申請する場合は、出願本人もしくは在日経費支弁者の委任状、提出書類および書類審査料を本学院事務局に持参してください。

(C)日本国内で直接本人による出願
本学院にて、試験(日本語)と、出願者と面接を行います。

6.学校の選考
(A)日本国外からの出願
  現地にて、試験(日本語および作文・英語・数学)、出願者の父母との面接を行います。(卒業証書をご持参ください)

(B)日本国内からの出願
  在日保証人または在日経費支弁者が来校して面接を行います。

(C)直接本人による出願
  本校および現地にて、試験(日本語)と、出願者と面接を行います。

●選考料30,000円とともに提出された書類によって、学内選考を行います。
合格者には入国管理局の在留資格認定証明書にあわせて入学許可書を発行します。入国管理局が不許可であっても選考料は返還しません。

7.入国の審査
●学内選考に合格した方については、本学院が一括して申請書を作成し、提出いただいた書類を地方入国管理局に提出し、「就学ビザ」を取得するための在留資格認定審査を受けます。
●地方入国管理局では、「就学ビザ」取得のために必要な「在留資格認定証明書」交付の書類審査は、大変厳しくたくさんの書類を提出しても交付されない場合があります。申請書類は確実に揃える必要があります。

9.入学までの手続き
●入国審査の結果、「在留資格認定証明書」が交付された通知を受けたら、入学金および授業料等の納入金を納入してください。納付確認後、在留資格認定証明書の原本を送付します。
●現地の日本大使館(領事館)に、「在留資格認定証明書」を持参し、就学ビザを申請し、出国手続きをおこないます。
●現地の日本大使館(領事館)で「就学ビザ」が不交付の場合は、「不交付理由書」をお送りください。確認後、納入された金額から、書類選考料、銀行の定める送金手数料を差し引きした、全額を返金いたします。

10.学則金(授業料・他について)
1)学則金
支払時期
費目
4月入学
10月入学
2年コース
1年9ヶ月コース
1年6ヶ月コース
申請時 書類選考料 50,000円
入国許可時 (1)入学金 60,000円
(2)授業料 660,000円 660,000円 660,000円
(3)施設費  40,000円  40,000円  40,000円
(4)諸経費  40,000円  40,000円  40,000円
(5)入寮費  50,000円  50,000円  50,000円
(6)寮費 300,000円 300,000円 300,000円
(1)〜(6)合計 1,150,000円 1,150,000円 1,150,000円
特別奨学金 A
(一括支払い時割引)
−120,000円
1,030,000円
−120,000円
1,030,000円
−120,000円
1,030,000円
翌年度
(7)授業料 660,000円 495,000円 330,000円
(8)施設費  40,000円  30,000円  20,000円
(9)諸経費  40,000円  40,000円  40,000円
(10)寮費 300,000円 225,000円 150,000円
(7)〜(10)合計  986,000円  780,000円  520,000円
特別奨学金 A
(一括支払い時割引)
 −60,000円
 980,000円
 −45,000円
 735,000円
 −30,000円
 490,000円
※諸経費の内訳
 日本語学校学生災害補償制度会費(13,780円)、教材印刷費(12,000円)、課外活動費(10,000円)
 この他、教科書代(該当するクラスにより異なります)等を別途実費徴収いたします。
※必要に応じて、選択授業(英語または数学または総合)を履修できます。受講料は、一科目につき月額2500 円程度です。テキスト代が別途必要です。
※寮費では、電気・ガス・水道の使用料は実費負担です。
●半年契約を希望する場合は、寮費月額25,000円×6ヶ月分=150,000円となります。
※上記金額には消費税が含まれています。

2)習志野外語学院奨学金
●特別奨学金 A(1年めの学費を12万円減免)
 1年目の学費を12,000円減免します。(2年目の学費も、コースに応じて60,000円〜30,000円を減免)
●特別奨学金 B(学生寮に住む出席率優良者に毎月1万円を給付)
 1ヵ月ごとの出席率が100%(欠席・遅刻・早退がゼロ・授業態度優良者)の学生寮入居者に、毎月10,000円を給付します。

※学費・寮費を分割で納入した場合は、特別奨学金の給付はありません。

3)寮費※ 学則金に含まれています。
支払時期
 
一年
※期間の入寮を保証します
入国許可 入寮費 50,000円 寝具代を含みます
寮費 300,000円 1年間、2〜4人部屋
寮費合計 350,000円  
※電気・ガス・水道の使用料は、実費負担です。
※上記金額には消費税が含まれています。
●半年契約を希望する場合は、寮費月額25,000円×6ヶ月分=150,000円となります。

11.送金先
送金先銀行名:千葉興業銀行 船橋支店
口座番号:[普通預金] 8306401
口座名義:習志野外語学院 理事長 戸田安信 [トダ ヤスノブ]
※振り込みの際は、必ず志願者本人の名前で送金ください。
※振り込み手数料は、送金者が負担してください。入学申請者の利用した銀行が上記銀行と取引がない場合、銀行手数料が送金した額から差し引かれてしまいますので、入学後に精算します。(1,500 〜4,500円)

習志野外語学院
〒275-0011千葉県習志野市大久保4−1−8 CHIビル
国内 TEL:047-474-6368 FAX:047-474-6395
国外 TEL:81+47-474-6368 FAX:81+47-474-6395
e-MAIL:narashinogaigo@yahoo.co.jp